香芝市 工場のボコボコの床を厚膜型硬質ウレタン樹脂で塗床工事しました

こんにちは(*^-^*)

 

香芝市の工場からお問合せ頂きました。

「工場の床がボコボコになっているので一度きちんと塗装して欲しい」

とのことでした。

 

工場の床は熱や油にさらされ傷みやすく、

日々衝撃や摩耗の激しい環境におかれながら、

メンテナンスを行うにも営業を止めることができないため、

そのままになっているという工場が多いではないでしょうか。

工場の床を長期休暇の前に、自社の社員でホームセンター等で、

塗料を購入し、塗装を行っているという会社様も多いですが、

工場床はその用途にあった塗料を正しく塗らないと、

短期間で塗膜が剥がれたり、ボロボロになってしまったりする

恐れがあります。工場床に塗膜を覆ってもすぐ剥がれてしまう理由は、

下地処理が不十分なことが挙げられます。

下地処理をせずに塗装面を塗り直しても塗膜がしっかり接着しないため、

すぐに剥がれたり汚れたりします。

工場の床塗装は、生産性を高めるだけでなく、

そこで働く従業員の安全性向上や作業の効率アップにもつながります。

塗装が剥げ、ひび割れや凹凸が発生した床は、

作業員の転倒や予期せぬ危険を招くだけでなく、

搬送している資材や製品の破損の要因にもなります。

一方、現場に適した塗料できちんとメンテナンスされた床は、

作業員の安全性を守り、製品の落下や薬品の被害を最小限にとどめます。

また、区画を分けたラインを引けば通路と在庫の区分が明確になり、

動線確保や整理整頓を促す効果も期待できます。

今回ご提案させていただいたのは、

アイカ工業の「ファブリカ」流しのべ工法です。

ファブリカは厚膜型硬質ウレタン樹脂系になります。

SIAA(抗菌製品技術協議会)の安全基準に適合した塗り床材です。

細菌の繁殖を抑制し、工場や調理場などを清潔に保ちます。

クラック(ひび割れ)追従性に優れ、衝撃にも強いです。

ウレタン樹脂はエポキシ樹脂よりもやや高価ですが、

耐熱性、強度、耐久性に優れ、衝撃や薬品にも強い床塗料です。

弾性がありクラック(ひび割れ)の発生も少なく、

工場などにおける重量物の移動や作業機器の設置にも

長時間耐えられるため、機械や印刷、薬品工場の他、

食品関連工場でも使用されています。

相談の結果、ファブリカで塗床工事させていただきました。

現状です。凹凸が激しく、塗膜はほぼなくなっている様子です。

下地処理として施工箇所の見切り部には、

接着強度強化のためカットを入れます。

塗膜を剥がしてコンクリートの脆弱な部分を剥がし、

接着剤をつけた上で塗装を行っていきます。

「いかに不純物をなくして塗り直すことができるか」が重要です。

コンクリートと床材の密着性を最大にするため、

プライマーを塗布します。

素地の凹凸を平らにするため、下地調整でパテ処理をします。

コンクリートの上に高強度の仕上材で保護層を作り、

コンクリートの劣化を防ぐ目的の工事です。

もともと塗装のしてある床についてはこちらの工法が有効です。

改修工事には既存の塗膜層(防水層)を撤去する必要があります。

中塗りです。

コテで丁寧に床材を塗り上げていきます。

その際に不陸(凸凹面)などを平らにしていきます。

塗床工事の特徴としまして、合成樹脂といわれる塗料を金鏝を使用して

塗るという技術が特徴になります。

金鏝で塗るメリットとしまして、厚みがつけれることで強度がとれる、

ローラー塗り(薄膜塗料)と違い溶剤を使用していないため溶剤の臭いが

しないため、施工環境を選ばないなどの利点があります。

上塗りです。

光が映り込み光沢のある仕上がりになります!

とても綺麗になりましたね!

この仕上がりが長く維持できると

嬉しいですよね(*^-^*)

細かい目に見えない部分で手をかける事で

耐久性に優れた塗装が形成できます。

 

工場の床が気になる経営者様

和田塗建へ一度ご相談くださいね(*^-^*)