コーキングのひび割れ・剥がれ 早めのメンテナンスが必要

皆様 こんにちは(*^-^*) 

奈良県大和郡山市を拠点に外壁塗装・屋根塗装・雨漏り調査・リフォーム・新築などお家の事ならなんでも自社で全て施工できる株式会社和田塗建です。

 

 

サイディング外壁・ALCの目地に使用されるコーキングにも寿命があることをご存じでしょうか???

 

外壁のコーキングの寿命は5年から10年程と言われています。
ひび割れ、
コーキングのやせ
はがれ

などが劣化のサインです。

外壁の劣化よりコーキングは早く劣化してしまいます。

 

コーキングの劣化は、輪ゴムを屋外に放置したときをイメージするとわかりやすいと思います。(可塑剤という弾力性を持たせる成分が含まれています)

輪ゴムを屋外に放置しておくと、太陽の紫外線と温度の上下によって劣化し、硬く・細くなります。
コーキングも同じで、太陽の紫外線や温度の変化、雨などによって劣化し、硬く・細く(痩せる)なることが劣化のサイン(交換のサイン)となります。
この可塑剤の寿命が5~10年なので、それを過ぎるとコーキングは次第に弾力性を失っていきます。
弾力性を失うことで様々な劣化症状を引き起こします。

 

 

【ひび割れ】

ひび割れは、コーキングがもともと持っていた柔軟性が低くなることで、表面が縮んだままになることで起こります。

ヒビ割れの状態を放置すると、さらにコーキングが硬くなり、破断します。

その状態を放置すると雨天時に家に水が浸入する危険性があることに加え、ひび割れがさらに大きくなり、雨漏りの要因になります。

 

 

【コーキングのやせ】

コーキングのやせとは、コーキングの物質が表面から溶け出すことで、厚みが減ることです。

他にも、新築時に十分な分量のコーキング剤が使われなかったり、コーキングの密着性を高めるプライマー(下地剤)が不十分だったりすることも肉やせの原因となります。

肉やせの状態を放置すると、さらにコーキングが減り、剥離します。

 

 

【コーキングの黒ずみ】

ブリード現象と呼ばれる現象です。
コーキング材の中に可塑剤(かそざい)という成分が入っているため、塗り終わった後はキレイでも時間が経つとシール内部の可塑剤が、塗装面に移行しベタつき感が出てきます。
それにより汚れをが出てきて黒ずんできます。塗装の世界では汚染(おせん)と言います。

仮にこの壁の上に塗装しても時間が経てば同じ様に汚染されるのですが それを防ぐため可塑剤移行防止剤を先に塗っておきます。

そもそもブリードとは、可塑剤などの配合成分が表面ににじみ出ることをいいます。
この現象を起こさないためには、ノンブリード(NB)タイプのコーキングを選びましょう。
ノンブリードは、ブリード物を析出(せきしゅつ)させないタイプであり、和田塗建ではノンブリードタイプを使用していますので、ブリード現象が起こる心配はありません(*^-^*)

【作業工程】
古いコーキングを取り除き、新たにコーキングを打ち換えます。

【施工前】
奈良県橿原市曲川 外壁 コーキング 現状.jpg

【抜去風景】
奈良県橿原市曲川 外壁 コーキング 抜去.jpg奈良県橿原市曲川 外壁 コーキング 抜去 (2).jpg
【コーキング施工風景】
奈良県橿原市曲川 外壁目地 コーキング 施工.jpg
【完了】
奈良県橿原市曲川 外壁目地 コーキング 施工完了.jpg奈良県橿原市曲川 コーキング 完了.jpg
奈良県橿原市曲川 コーキング 完了3.jpg奈良県橿原市曲川 コーキング 完了4.jpg
外壁全体のコーキングを打ち換えました。
【サッシ周り 施工前】
奈良県橿原市曲川 サッシ周り コーキング 現状.jpg

【抜去風景】
奈良県橿原市曲川 サッシ周り コーキング 抜去.jpg
【抜去完了】
奈良県橿原市曲川 サッシ周り コーキング 抜去完了.jpg

【コーキング風景】
奈良県橿原市曲川 サッシ周り コーキング 施工.jpg

【完了】
奈良県橿原市曲川 サッシ周り コーキング 施工完了.jpg

コーキング作業が完了しました。

コーキングのひび割れ・はがれを放置すると雨水が侵入し、建物内部の腐食や、ハネアリの温床になってしまうこともあります。
建物内部まで傷んでしまうと、修復に高額な費用がかかってしまう恐れがあります。

コーキングは性質上、劣化が早いため外壁よりも早く劣化のサインが表れます。

ただ、劣化サインが出たからといってすぐにすべてのコーキングを交換する必要があるかというとそうではありません。

早く気付けば「増し打ち」などで安く済ませられることもあります。

早めのメンテナンスをオススメします!