タスペーサーのない家の屋根の悲惨な姿

皆様 こんにちは!(^^)!

奈良県大和郡山市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り調査・リフォーム・新築など家の事ならなんでも自社施工の株式会社和田塗建です。

 

 

大体10年程度で塗り替えをしてきたお客様から、塗装工事のご依頼を頂き、

現場調査に行ってきました。

屋根に登ってみたのですが、こんな状態に・・・( ;∀;)

大和郡山市小泉町 屋根調査.jpg

塗膜がぷくぷく!!( ;∀;)正直、これはひどい!!と思ってしまいました。

前回の塗り替えの際に、屋根材の重なり部分が完全に塗膜で塞がってしまい、そのせいで屋根の内側に入った水分が抜けなくなり、内側から塗膜を浮かせてしまっています。

前回の施工がわるい!

これでは、屋根の状態を逆に悪化させています。

弊社では、こんなことにならないように、タスペーサーという隙間を付ける部材を使用しています。

こちらがタスペーサーです。

タスペーサーはスレート屋根を塗装する際に行う縁切(えんぎり)作業を簡単・確実に行えるプラスチック製の道具です。

 

スレート屋根は段々かつスレート同士が数ミリ離れて重なっているため、入り込んだ水分は外に流れ出ることができ、野地板に水気や湿気が残らないような構造をしています。

 

通常、スレート屋根の塗装を行うと、塗料が斜面に沿って垂れ、スレートとスレートのすき間が塗料で埋まります。これでは屋根の内側に入り込んだ雨水の逃げ道が無くなってしまうので、スレート同士を離す「縁切り」という作業が屋根塗装には必須です。

もし縁切り作業をせずに放置すると、雨がスレート板の奥に溜まり、野地板が傷んで腐ってしまい、最終的には雨漏りや屋根の葺き替え工事をしなければなくなってしまい、工事費用が高額になってしまいます。

 

 

今回のお宅は屋根塗装で大事な縁切り作業を怠り、タスペーサーも挿入せずに工事を完了してしまったため、水が逃げ場を失い塗膜が膨れてしまっていました。

 

屋根は下からでは見えない所です。あってはならないことですが、今回のように、手抜きをする業者は少なくありません。

工事を依頼する際は、実績と技術のある信頼できる業者に依頼しましょう!!