ツートンカラーでお洒落な外観にチェンジ

皆様こんにちは!(^^)!奈良県大和郡山市を拠点に外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り調査・リフォーム・新築など家のことは何でも自社でできます株式会社和田塗建です。

 

外壁の塗り替えをお考えなら、ツートンカラーに挑戦してみてはいかがでしょうか?

同じ塗料だけを使って一面塗りを行うよりも、2色に色分けをしてツートンカラーにしたほうが、よりおしゃれで洗練された外壁に生まれ変わります。

 

外壁塗り替え前

写真 2017-05-27 11 54 53.jpg

今回のお宅は1階と2階のツートーン仕上げの塗り替えです。

ツートンカラー仕上げをすると、錯視効果によりメリハリがつき、家がカッコよく見えたり、実物より広く・高く・細く見えます

ツートン外壁でもっとも基本的なパターンは、同じ色合いの「濃い色」と「淡い色」の2色を使うものです。

分け方としては、1階を暗い色、2階部分を明るい色で塗ると、家を広く大きく見せる効果があり、バランスもとりやすい印象になります。

今回は、1階部分は濃いめの茶系で2階部分を柔らかいクリーム系で塗り分けたことによって、ぐっと締まったバランスの良い印象になっています。

セパレーションカラーとして、モール・破風に白を塗りました。こうすることで、コントラストが一層はっきりするため、お洒落な印象になります。セパレーションカラーは、2色の間に境界を入れる色のことを言います。色のセパレーションは、2色を分離させることで強烈な配色をやわらげたり、弱い配色を引き締めたりと、色の見え方を調整する効果があります。

外壁塗り替え後
写真 2017-06-17 9 41 19.jpg
外壁 塗り替え後
写真 2017-06-17 9 41 05.jpg
外壁塗り替え後
写真 2017-06-17 9 41 26.jpg

いかがでしょうか?とてもお洒落な外観にチェンジしました!!

2色に色分けをしてツートンカラーにすると、よりおしゃれで洗練された外壁に生まれ変わることができます。

 

ツートンカラーの外壁にしたいときは、同系色の2色を選びましょう。

「ツートンで外壁塗装するために2色選んだけど…色がまとまらない」

という場合は、2色の間にセパレーションカラーを入れるとまとまった外観にすることができます。セパレーションカラーは、2色の間に境界を入れる色のことを言います。

 

ツートンカラーの塗り分けには、

1階と2階で分ける方法と、外装材で分けたり、凹凸で分けたりなどの方法があります。

お洒落な外観にチェンジしたいなら、ツートンカラーをお勧めします。

 

和田塗建では、職人に直接相談することが出来ます。職人だからこそ、今までの経験や知識が豊富なので、お客様の意向を確認しながら、一番素敵なお色で塗替えさせていただきます。

塗替えで迷っているなら、一度ご相談ください。