マンションの水漏れ 給水管の改修工事

皆様こんにちは(*^-^*)

奈良県大和郡山市を拠点に外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り調査・リフォーム・新築など家のこと全て自社で完結できます株式会社和田塗建です。

 

今回は老朽化したマンションの水道、下水、排水をすべて交換する工事をしました。

一昔前まではどの家庭でも使われていた 定番の配管といえば「鉄管(鋼管)」。
丈夫で耐震性もあり、最も一般的な水道管として 使用されていました。 しかし、錆びやすいことや加工が大変であるといった デメリットがあり、近年ではあまり使用されなくなってきました。

マンションの一室で老朽化による水漏れ事故が起こった場合、それをきっかけにして他の部屋でも漏水事故が続けざまに発生することがあります。

それは、同時期に作られた排水管なので、同時期に限界を迎えてしまったということです。水漏れの原因が老朽化である場合は、修理を行う際に水道管全体を塩ビ管の切り替えに検討する必要があります。かなり費用はかかりますが、長い目で見れば最も効率が良い方法です。

こちらのマンションも30年たった今、老朽化した配管から水漏れが多いそうで

マンションの床下にある配管をすべて塩ビ系の配管にしました。

洗面所 
寝屋川市宇谷町 洗面.jpg

 

 

 

カットする部分をマスキングします。

カットします。

床下 現状です。

老朽し割れている箇所があります。

古い配管を撤去し、新たに配管を設置します。

設置中

 

水色が『給水管』、ピンク色が『給湯管』。
全て樹脂管に交換しました。

配管接続作業

【床上の貼り替え作業】

作業終了

【トイレ】

現状

配管交換

寝屋川市宇谷町 トイレ 既存.jpg

床張り

 

クロス貼り替え作業完了です

  

 

住みながらの工事で、お客さんも大変だったでしょうがこれで水漏れの心配もなくなりましたね!!

 

古い建物の配管は、金属製のものを使われている場合が多いため、経年劣化によりサビや腐食が出てしまい、それが原因で水質に影響が出て水がまずくなったり、水圧が弱くなったりします。また水漏れなどのトラブルにも繋がります。

最近は給排水管は耐久性を高めるため、塩化ビニル管などが使用されるようになり、水質の保全と維持が守られるようになりました。

塩化ビニル管は40~50年は使えるといわれており、一回交換すると、その先はほとんど交換する必要がなくなります。

 

マンションの場合、工事することができるのは専有部分にある配管のみです。

工事が必要な配管が専有部分になるのか、共有部分なのかを確認しなければなりません。

また、管理規約にて「工事できること・工事できないこと」が詳細に定められています。

専有部分であっても認められていない工事もあるため、希望する配管工事が可能かどうか、あらかじめ確認をしましょう。

 

築30年を超える古いマンションの配管は、金属製のものを使われている場合があるため、水道からサビ混じりの赤水が出たりすることがあります。

配管洗浄しているのに排水が詰まりやすくなったような場合は、配管交換工事のタイミングと思ってください。

最近のマンションの場合、配管に樹脂管が使われていることが多く、サビることはありませんが、樹脂管は熱に弱いので、キッチンの排水溝から熱湯を頻繁に流すと配管の繋ぎ目から水漏れが発生することもあります。

 

排水の詰まりを見て見ぬフリを続けていると、下階への水漏れなど、被害が大きくなってしまう事態につながりますのでサインを見逃さないようにしましょう!

早めの対応が費用を抑えることにも繋がります。

 

マンションの改修工事のご用命も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。