倉庫の雨漏り 雨漏り診断士が原因を突き止めます!!

皆様こんにちは(*^-^*)

奈良県大和郡山市を拠点に外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り調査・リフォーム・新築など家のことなら全て自社で完結できます株式会社和田塗建です。

 

「倉庫の雨漏りがしてるのですが、屋根が高いこともあり、雨漏が見つけられず困っています。どこから雨漏りしてるか見つけてほしい」とお問合せ頂きましたので、滋賀県大津市まで雨漏り調査に行ってきました。

 

和田塗建には雨漏り診断士が在籍しております。

雨漏りの原因をしっかり見つけて、

その雨漏り止めます!!

雨漏りの診断方法には

「目視

 

「散水」

 

「赤外線サーモグラフィー」

 

があります。 実績の豊富な腕の良い専門業者であれば 目視・散水・赤外線サーモグラフィー の診断方法で十分に雨漏りの原因を突き止めることが可能です。

 

早速 調査開始です!!

【目視】
お話を聞かせていただき、雨漏りしている所を確認させていただきました。

雨漏りの疑いがあるところから順を追って調査していきます。

【散水】

さっそく、散水試験!


   

雨が降った状態を想定し、雨と同様の角度で水を放射します!

【赤外線サーモグラフィ診断】
IMG_3016.jpg

サーモグラフに反応がありました!

確実に雨漏りしています!!!

雨漏りしている個所を入念に調べると、
面土部分の元からの施工不良に加え、止水コーキングが切れていました。

屋根のジョイント部分はコーキングで隙間を埋めており、コーキングが劣化によりひび割れて隙間ができることによって雨漏りが発生します。経年劣化でコーキングが切れてしまったことで雨漏りしてしまったと考えられます。

 

もう一か所雨漏りしていた個所は

雨樋の中にお菓子の袋が詰まっていました。
これによって雨樋に雨水が流れず溜まり、あふれて雨漏りしていました。

 

 

雨樋の中も、下からでは見えないので、屋根に上がって初めて気づくところです。

 

無事2か所の雨漏り原因を発見しました。

改修案を提案して雨漏りを止めるお見積りをします。

 

 

雨漏りを放置していると、外壁や屋根などから躯体内部へ雨水の侵入を許してしまい、建物の劣化が一気に進んでしまいます。工場・倉庫のほとんどが鉄骨造の為、時間の経過とともに腐食があらゆるところで進行してしまいます。その結果、大規模な改修工事が必要になり回復に大きなコストが掛かります。早めのメンテナンスで雨漏りは回避できることがあるので、定期的なメンテナンスをお勧めします。

 

また、

台風で屋根が壊れた・樋が変形・破損してしまった

など、外的要因が原因の雨漏りには火災保険がおりる場合があります。

 

一度ご相談お待ちしております!