破風板は家の顔!!傷んだ破風板を綺麗に塗装します

皆様 こんにちは(*^-^*)

奈良県大和郡山市を拠点に外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り調査・リフォーム・新築などお家に関する事ならなんでもお任せ!自社で完結できる株式会社和田塗建です。

 

飛び込みの営業マンから「破風板が傷んでますよ」と声をかけられた経験はありませんか??

そもそも破風板ってどこの部分なのでしょうか?

 

破風板はケラバの下に位置して、屋根の端をふさいでいる板のことを指します。

高いい位置にあり目が届きにくい破風板(はふいた)は、家にいる人より外部から家を見たとき、傷んでいると目立つところです。

指摘されて、気付いたときにはかなり劣化していたということもよくある話です。

 

 

破風板の最大の役割は、雨や風を防ぐことにあります。
建物の屋根は上からの雨や風に対して強い構造になっていますが、横や下からの雨風に対して弱いという特徴があります。
破風板があることで、屋根裏に侵入する雨風を妨ぐ効果があります。

火災からも守る大切な役割があります。住宅火災は下から上へ向かって延焼するのが通常です。窓から上がった火が軒に達するのは驚くほど早いため、破風板によって屋根裏への火のまわりを遅らせる役目があります。

 

 

破風板は、時間の経過とともに劣化します。
当たり前ですが、普段から注目している箇所ではないため、劣化が進んでから気づくことが多い部位でもあります。木質系の破風は日々太陽光の紫外線や風雨の影響を受けやすく、塗膜が剥がれて劣化してしまい、防水機能がなくなって雨水が侵入し、腐食する恐れもあります。劣化したまま放置しておくのは危険です。

 

 

破風板の劣化対策には、塗装を定期的に施すのがよいでしょう。
塗装は、どんな材質の破風板にも効果がある修理方法です。塗装することにより、防水機能が復活し、家全体を長持ちさせることが出来ます。

 

【傷んだ破風】
奈良県葛城市葛木 破風 現状.jpg奈良県葛城市葛木 破風 現状2.jpg

長年雨風にさらされているので塗膜がはがれて変色しています。

下地処理をきちんと行い、しっかり塗っていきます(*^-^*)
【上塗り1回目】
奈良県葛城市葛木 破風 上塗り1回目.jpg奈良県葛城市葛木 破風 上塗り1回目2 (2).jpg

1回目完了
奈良県葛城市葛木 破風 上塗り1回目完了.jpg奈良県葛城市葛木 破風 上塗り1回目完了2.jpg

さらに重ね塗り!
2回目
奈良県葛城市葛木 破風 上塗り2回目.jpg奈良県葛城市葛木 破風 上塗り2回目.jpg

【塗装完了】
奈良県葛城市葛木 破風 塗装完了.jpg奈良県葛城市葛木 破風 塗装完了2.jpg

傷みがひどい場合は、3回も4回も何度も塗装することで光沢のある破風に生まれ変わります!

 

 

破風板は、住まいを雨や風から守る大切な部位です。
しかし、劣化をしてから気がつくというケースが多い部位でもあります。
定期的に破風板を点検したりメンテナンスすることで、深刻な劣化トラブルを未然に防ぎ、住まいを長持ちさせることができます。
破風板は家の顔といわれるほど、家の美観を左右する部分なので、外壁塗装専門業者へ劣化診断や補修を依頼するのがおすすめです。
屋根・外壁リフォームをする際には、破風板のメンテナンスについても相談してくださいね(^^♪