塗装できない屋根材があるんです!

皆様こんにちは(*^-^*)!株式会社和田塗建です。

 

そろそろ塗替え時期かなと思っていたのに…

「お客様のお家の屋根は塗装できない」という話を聞いて、お困りの方もいるのではないでしょうか。

 

「え~~~~っ((+_+))」ってなりますよね。

実際、塗装できない、お勧めできない屋根材は実在します。

 

塗装しても強度を維持できないほど傷みやすい弱い素材のため、塗装する意味がないからです。そのほとんどは2000年前後に製造された、「ノンアスベスト切り替え時期の製品」です。

また、本来は塗装できた屋根でも、劣化が進行しすぎると塗装できなくなってしまいます。

アスベストという言葉を聞いたことがあると思います。

アスベスト(石綿)はは強度が高い優秀な建材で、昔の屋根には一般的に使われていました。

しかし健康への影響から規制されるようになり、2000年頃には各メーカーがノンアスベストにした製品を販売し始めます。

ところが、アスベストを抜いた分強度が低くなり、切り替え当初の製品は特にそれが顕著に出てしまいました。

塗装しても強度が保てない

塗装しても劣化を止められない

=塗装する意味がない、という傷み方をします。

代表的な製品をご紹介します

パミール

ニチハ製

  • 製造期間:1996~2008年

ミルフィール状にペラペラと剥がれてくるのが特徴です。

屋根材自体が剥がれてしまうので塗装しても意味がなくなってしまいます。

 

 

 

コロニアルNEO

クボタ製

  • 製造期間:2001~現在は製造中止

 

クボタ(現ケイミュー)の製品で、現在最も普及している屋根材「カラーベストシリーズ」の商品です。

無数のひび割れや大きな欠けが目立つなどの不具合により現在では製造が中止されています。

10年ほどで劣化症状が見られるため、「塗装できない屋根」の一つになっています。耐久性が弱く、すぐにひび割れてしまうため、屋根に登った時にも人の重さで割れてしまう場合があります。

しかし、まだ築年数が浅いお家など、状態によっては塗装で持たせられる可能性がありますので、点検してみて業者と相談しましょう。

 

ザルフグラッサ

クボタ製

  • 製造期間:2001~2005年

コロニアルNEOと似た形状ですが、こちらの方がややスリット幅があります。

ひび割れが多く起こるほか、劣化が進むとパミールのような層状剥離も発生することがあります。

 

ご自宅の屋根材が上記のような製品に当てはまるかは、専門業者にきちんと点検してもらって判断しましょう。

 

塗装できない屋根材ではなくても、塗装が出来ない場合もあります。

 

・ひび割れ・欠損が多い

・前回の塗膜が酷く剥がれている

・下地が傷んでいる

 

 

このような状態は、特に20年以上何もメンテナンスしていないと起こる可能性が高いです。

もっと早くに劣に気づいていれば、塗装で済んだのに、時期を逃したせいでできなくなってしまった…とならないように、早め早めに点検しておきましょう。

 

屋根は下からでは状態が分かりにくく、気づいた時には症状が悪化していた!!となりやすい場所です。

人間が健康診断を定期的に受けるように、家も健康診断を定期的に受けて、外壁・屋根がどんな状態か、長持ちさせるためにはどうしたらいいか、知識と実績のある業者に相談することが、長持ちの秘訣です(^^♪

 

屋根のメンテナンスとして出来るのは「屋根カバー工法」か「屋根葺き替え」です。葺き替えは大量に廃棄物がでるので処分費がかかります。
そして、パミールの葺き替えは作業中に出るゴミが飛び散ってしまう可能性があるため、
下地が丈夫な内にカバー工法をオススメいたします!

 

カバー工法とは

現在の古い屋根の上に防水シートを貼り、新しい屋根材を被せる工事のことを言います。そのため、屋根を重ねることから「重ね葺き」とも呼ばれています。屋根カバー工法を行う目的は、防水機能を一新することが挙げられます。

 

【施工状況】

既存屋根

施工前

 

 

防水シート取付

 

谷棟・隅棟を取り付け

新しい屋根材を取り付け

棟取付

 

 

完成です。

 

屋根を長持ちさせて家全体の寿命を長持ちさせるには、早め早めのメンテナンスが必須となります。

 

信頼と実績のある業者に依頼することをお勧めします。