壁を触って手に白くついたら「チョーキング」です

皆様こんにちは(*^-^*)奈良県大和郡山市を拠点に大阪・京都・兵庫・三重など近畿一円で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り調査・リフォーム・新築・不動産売買など家のことならなんでも自社で施工できます株式会社和田塗建です。

 

外壁の劣化は目で見てわかる症状がいくつかあります。

今回は「チョーキング」についてお話します。

 

チョーキングとは
チョーキングとは、紫外線などの影響により、外壁などの塗膜の劣化が進み、触ると手に白い粉がつく状態のことです。
太陽光、日射、紫外線、雨や風などにより、外壁などの仕上げの塗膜から、劣化粒子が分解・離脱し表れる現象で、 寿命のサインといわれています。
「チョーキング」している外壁は、塗膜の表層の劣化がかなり進んだ状態です。
さらに、劣化がすすむと、仕上げ材がはがれ落ちてくることがあります。 外壁の塗り替え時期を知るための目安になりますが、チョーキングが見られた時点で、劣化がそうとう進んでいると判断したほうがよいです。

チョーキングが起きている外壁は、塗料の表面の膜が壊れているということなので、外壁材を保護するための機能がなくなっているということです。

メンテナンスをするサインの1つです。

 

チョーキングが起きたにも関わらずずっとメンテンスをしなかったり、間違った補修をしてしまうとかえって外壁を傷めてしまいます。

 

チョーキングが発生している状態では防水の効果や表面の水をはじく撥水の効果もなくなっているため、壁に水が染みこみやすくなっており、そのため雨の際に壁に染みこんだ水が乾燥しにくく、カビや苔汚れの原因になります。

また染みこんだ水の量が多いと乾燥の際に外壁に収縮現象が起こります。
外壁は元々収縮をする前提で作られてはいますが、繰り返しダメージが蓄積することでひび割れが起こりやすくなります。

ひび割れが起こってしまうといよいよそこから水が外壁の内面にまで侵入し雨漏りの原因となります。

 

 

【チョーキングが起こった外壁のメンテナンス】

チョーキング現象が起こっている外壁は表面に粉がついている状態なので高圧洗浄のときには、この粉をよく洗い落とさないと、塗膜のはがれやすくなってしまう可能性があります。

高圧で洗浄し表面の汚れ、劣化粉などをきれいに洗い流します。
その他の劣化症状がない場合には下地調整を行い、中塗り、上塗りを行うことで、新しく防水機能を付けて、家を守ることにもつながります。

 

しっかりと複数の塗装店で相見積もりを取り、各社の説明を聞き比べて判断しましょう。