外壁塗装錆び止め塗料の種類 使い分け

こんにちは、和田塗建の山本です。

 

外壁塗装工事で屋根の板金、樋の受け金具、庇、雨戸、手すり、などの鉄部があります。

 

塗装するにあたって、鉄の種類で錆び止めの材料も変える必要があったり

 

上塗りで何を塗るのかでも錆び止めの材料を選択しなければならない。

 

この錆び止め材料は、ステンレス、アルミ以外の板金の鉄部に使用できて用途が広いです。

 

1液と2液があり2液型の方がいいので和田塗建では、よく使います。

 

変わって屋根板金のガルバニューム鋼板の錆び止めにも使えるのですが、上塗りの材料によっては

 

また、違う錆び止め材料を使う必要があります

 

 

この錆び止め材料がそうであり

 

ヤネタイトマイルド錆び止めを塗装したら、和田塗建のお勧め屋根上塗り材料の

 

ハイルーフマイルドシリコンシリーズが塗装可能になり、遮熱塗料で耐光性があり

 

屋根塗装に適した塗料が使える様になります。

 

常に、塗装工事をしているときに考えていることで、長持ちさせるにはと思案しながら作業に

 

取り組んでいます。