奈良県大和郡山市 色褪せた雨戸も塗装できます

こんにちは!和田塗建です。

雨戸は雨や風から建物を守ってくれますし、防犯対策としての機能もあります。

雨戸には、新築時から表面を保護するための塗装がされています。そして、その塗膜が経年劣化することで塗料の耐久性が低下し、雨戸表面に粉のようなチョーキング現象というものが起こります。雨戸表面は、年数が経ってくると空気中のほこりや水分を吸着してしまいます。
そのほこりなどが雨戸に付着し続けることで、表面にさびが出てきてしまいます。サビたところに塗料を塗っても意味がありません。

丁寧にケレン作業をして、表面を平らにしてから塗装をすることで本来の艶と輝きが蘇り、機能も回復!!しますよ(^_-)-☆

雨戸塗装の様子をご紹介致します!!

【雨戸 塗装前】           
奈良県大和郡山市今国府町 雨戸 現状.jpg

【ペーパーがけ】

奈良県大和郡山市今国府町 雨戸 ペーパーがけ.jpg

塗装前に行う下地処理の中でも、ペーパーがけをすることは、とっても重要なんです!!(^◇^)
・サビ・古い塗膜をはがす。
・表面に細かな凹凸をつけます。

そーすることによって、塗料の密着性を高めることができます!!

【上塗り1回目】           
奈良県大和郡山市今国府町 雨戸 上塗り1回目.jpg

【1回目完了】

奈良県大和郡山市今国府町 雨戸 上塗り1回目完了.jpg

【上塗り2回目】
奈良県大和郡山市今国府町 雨戸 上塗り2回目.jpg

いくら良い塗料を塗装したとしてもこのケレンを疎かにしてしまうと、
塗料本来の性能を発揮できないばかりか、最悪、塗装としての役割を果たすことが出来ない場合(塗膜剥離)もあるので、しっかり、下地処理を行っています(((o(*゚▽゚*)o))