奈良県奈良市 近隣の紹介 サビた鉄部の塗装工事

皆様 こんにちは! 和田塗建です。

奈良県奈良市 経年劣化しコケが大量に発生したお家の塗装工事をご用命いただきました。

近隣の方が最近和田塗建で塗替え工事をしていたのをご覧になられて、

ご自宅が錆がでてるので見てほしいとご依頼がありました。

 

数年前に塗装されたとのことですが、劣化し鉄部に塗膜が捲れ、さびが出てきています。

 

 

裏が林ということもあり、樋の中は、落ち葉でいっぱいでした。

 

外壁は、経年劣化で汚れが付着しやすくなり、コケの発生が著しく見受けられました。

コケが外壁につくと、その部分が劣化して変色の原因になったり、湿気を含みやすくなります。

 

湿気を含んだことで外壁の劣化や腐食が進むこともあります。

 

高圧洗浄で綺麗に汚れを洗い流します。

高圧洗浄後です。 綺麗にこけが洗い流されました。

 

綺麗に洗浄したあとは、ケレン作業です。

 

古い塗膜をめくって、丁寧にケレンして(サンドペーパーで素地を綺麗に)整えていきます。

この下地処理作業はきれいに仕上げるためにとても重要な作業です。

 

ケレンをしっかり行うことで塗料の密着度を高めることが出来ます。

塗料の密着度が上がると塗装面の仕上がりが良くなるとともに、寿命を延ばすことにもなるので、外壁塗装では欠かせない工程です。

 

綺麗にケレンしたら、次はFELIX 117 というサビ固定材を塗っていきます。

 

錆固定材はサビ止めを塗布する前に塗布します。

サビが出ている部分に錆固定材を塗布することで、

 

サビがこれ以上広がらないようにするための塗料です。

 

サビが特に出ている部分に、塗布していきます。

 

固定材が塗り終わったら、錆止め材を塗っていきます。

錆止め塗料は発生した錆の進行を止めるのではなく、錆が発生しないように、事前に準備・対策をしておくのに役立つ塗料です。

 

和田塗建では、綺麗に仕上げるため妥協は一切致しません!

 

常に『どうしたら綺麗に仕上がるか』最善の方法を模索し実践しています。

 

 

 

 

た。