奈良県安堵町 新築塀の塗装綺麗が長持ちフッ素塗装

 

奈良県安堵町で新築の塀塗装工事をしております。今回使用した塗料は

 

AGC(旭硝子)の高級フッ素での塀塗装になります。フッ素で塗装することにより

10年先でも色褪せることなく綺麗な状態を維持する事が出来ます。

 

和田塗建は、長い目で見て長持ちする家造りを実現します!!

 

新築の塀塗装をしていきます。↓↓ 塀塗装前の写真です。

 

塗装をする前に大事な事は、シーラー処理です。 下地処理を念入りに行うことで

 

塗料の密着が良くなり数年経っても、塗料が剥げずに綺麗な状態を保つことが出来ます。

 

 

よくある手抜き工事は、この大事なシーラー処理の工程を省いてしまいます。

なので、塗装工事完了後は綺麗でも数年後塗料が剥げるなどの手抜き工事が発覚してしまいます。

 

次に、下塗りをたっぷり厚めに塀に塗っていきます。

 

今回の新築の塀塗装は、塗装業者さんでも中々真似できない塗装仕上げにしています。

ガンで吹付をし、コテでならして模様をつけていきます。

 

コテで模様をつけていきます。ここがプロの腕の見せ所です。

 

 

和田塗建の職人は、プロ意識が高い職人ばかりで塗装の仕上がりも他の塗装業者さんに

絶対に負けない程の自信があります! それだけ、丁寧にプロの目で工事をさせて頂いています。

 

お客様からも、「前に依頼した塗装業者さんよりも、すごく塗装が綺麗で驚きました。」

お褒めの言葉を頂きます。 

 

最後に、AGC(旭硝子)のフッ素塗料で上塗りをします。上塗りは2回塗りです。

 

 

今回は、塀の色を部分的に変えたので境目を綺麗に刷毛を使って塗っていきます。

 

新築 塀の塗装が完了しました。

 

 

塀塗装完了

 

  

 

今回、新築での塀塗装にAGCのフッ素塗料を選んだ理由は、

通常新築から10年ぐらいが外壁の塗り替える目安だと言われています。

 

まだまだ、ローンの支払いが残っている状態で外壁塗装に高額な費用が掛かってくるのは

家計に凄く負担がかかってしまいます。 なので、和田塗建ではいかにコストがかからないように

 

家を長持ちさせるかに重点をおき、通常なら10年で塗り替える所を20年後の塗り替えでいけるよう

塗料の提案をさせて頂いております。 

 

客様によって、お家の現状・環境など様々ですので、個々のお客様のご相談にのりながらそのお家に合った

ご提案をさせて頂きますので、何なりとご相談ください。