奈良県桜井市 もろくなって崩れてしまった漆喰の補修工事

皆様 こんにちは!(^^)!

奈良県大和郡山市を拠点に外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り調査・リフォーム・新築・不動産売買など家のことなら全て自社で完結できる株式会社和田塗建です。

 

屋根の漆喰(しっくい)ってご存じですか?

 漆喰(しっくい)とは、屋根瓦の1番上の箇所にあたる「棟(むね)」の台土を守るために塗り込んでいる材料のことです。

瓦屋根の施工には漆喰が使われています。瓦自体は耐久性が高いため半永久的にメンテナンスが不要ですが、屋根の漆喰は定期的に補修や交換をおこなう必要があります。

屋根瓦に使われる瓦の耐用年数は長いもので50年〜60年と長いものが多いのですが、屋根の漆喰(しっくい)の寿命は瓦よりも短く、20年前後で表面が朽ちてきたり、剥がれてきたりするのが一般的です。

漆喰は消石灰を主とした材料のため、瓦と違って耐用年数は短く、主に以下のような要因で劣化していきます。

 

 

  • 雨風に晒されると朽ちてくる
  • 直射日光や寒暖の差による劣化
  • 時間と共に漆喰(しっくい)が痩せてくる

 

 

 

瓦自体にしっかりと寿命があるため、漆喰(しっくい)の補修をしっかり行えば、漆喰(しっくい)のみの小さい補修だけで維持できるというのが瓦屋根のメリットになります。

 

漆喰(しっくい)の劣化の状況を見ながら、必要なタイミングで
漆喰(しっくい)の手入れを行うことで、瓦屋根全体の耐用年数も保ち、日本家屋全体の寿命も長持ちさせることができます。

【劣化状態】

漆喰がやせてしまって、瓦の下の葺き土(ふきつち)がみえてしまっています。

 

このまま放置していると、瓦への接着力がなくなり、瓦がズレれしまう恐れがあります。一番怖いのは、住んでいる方が気づきにくいと言うことです。

さらに劣化が進むと、屋根の内部に雨水が侵入しお部屋の内部に雨漏りしてしまう危険があります。漆喰が経年劣化によりもろくなって崩れてしまったために屋根の内部に雨水が侵入してしまい、腐食して雨漏りしてしまいます。こうなってしまうと補修費用が屋根と建物内部の両方となるので高額になってしまいます。

 

屋根漆喰の寿命を延ばすためには実績と技術力がある業者に依頼し、確実な漆喰補修をおこなうことが大切です。

【補修方法】

葺き土(ふきつち)との密着を高めるためにシーラーを吹き付けていきます。

漆喰を奥の方までしっかり塗りこんでいきます。

鬼瓦の周りもしっかり漆喰を塗りこんで表面を綺麗に押さえたら完了です。

 

漆喰は屋根瓦の棟を押さえる大事な部分です。

漆喰には寿命があり、定期的なメンテナンスを行うことによって、家全体の寿命も延びます。

普段から屋根漆喰の状況を把握しておけば、早期段階で劣化に気付くことができます。特に台風や地震の後は地上から破損をチェックし、劣化状況を確認しましょう。

瓦屋根は瓦がダメになるのではなく、屋根の作りが劣化している場合が多いです。人間の体と一緒です。傷が浅いうちに手入れする方が費用も少なく、家の寿命を延ばすことにもつながります。

屋根に登ってご自身で点検することは危険なので、屋根の漆喰点検・補修は信頼できる業者に依頼することが大切です。