意外と知らないコーキングの寿命

皆様こんにちは(*^-^*)

奈良県大和郡山市を拠点に外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り調査・リフォーム・新築など家のことならなんでも自社で完結できます株式会社和田塗建です。

奈良はもちろん・大阪・京都・三重・兵庫など近畿一円どこでも駆け付けます。

 

サイディングのお家には、

 

サイディング同士のつぎめ
窓サッシのまわり
換気フードのまわり(台所換気扇・お風呂の換気扇フードなど)の目地にコーキングが施されています。

 

 

このコーキングは住宅の止水処理をする材料として、欠かせないものです。

コーキングの寿命は5年から10年と言われています。

 

 

劣化の原因は「紫外線」と「目地の動き」です。

コーキング材には素材を保護する添加剤が入っており、この添加剤が紫外線により劣化したり目地の動きによって外へ流れ出したりして素材を保護することができなくなってしまいます。
コーキング材に含まれる可塑剤の染み出しは目地の痩せとして現れます。

外壁でコーキング材を使われている場合はひび割れによる表面劣化とともに痩せの状態も定期的に点検する事をオススメします。

 

コーキングの劣化症状

ひび割れ

剥離

 

ブリード

ブリードとは、シーリング材に含まれる可塑剤がにじみ出て塗膜ににじみ出てしまう現象です。

可塑剤とは、コーキングをいつまでも柔らかくするために配合されています。

写真は、コーキングの上に塗装したプライマーや上塗りした塗料に可塑剤が溶け出しベタベタしたような仕上がりになり、そこに埃やごみが付着したためです。

 

和田塗建ではブリード防止のため、既存のコーキングがシリコン系の場合、ブリードオブプライマーを塗布し、コーキング材はノンブリードシリコンを使用します。

 

コーキングが劣化してしまうと、防水機能がなくなり、雨水が侵入してしまい、サイディングの反りを起こしたり、建材を腐食させてしまう恐れがあります。

外壁を適切にメンテナンスしていくなら、コーキングの寿命もしっかり確認してメンテナンスしていく必要があります。

 

 

コーキングの補修は、「増し打ち」と「打ち直し」という方法になります。

 

 

「増し打ち」は、既存のコーキング材の上にコーキング材を打ち足す方法で、打ち直しに比べて費用を抑えられるというメリットがあります。

 

 

「打ち直し」は、一度既存のコーキングを全て撤去し、プライマー塗布後、新しいコーキングに打ち換える方法です。

 

【打ち直しの手順】

既存のコーキングを撤去

マスキングしてプライマー塗布

コーキング施工

塗装をする前にコーキングの打ち換えをします。

 

打ち直しすることで、コーキングの寿命が長くなり、ノンブリードのコーキング材を使用しているので、年月が経っても塗膜に影響を与えず綺麗が長持ちします。

 

 

サイディングボードの塗料よりもコーキングのほうが寿命が早い場合が多く、コーキングも外壁の一部であると考えるならば、良いコーキング材を利用することは、外壁とメンテナンスサイクルを合わせるうえで重要です。

 

 

メンテナンスサイクルを合わせることで、足場代などを節約できるばかりか、コーキングを塗料で覆うことができますので、さらに高い耐久性も期待できます。

 

 

コーキングのひび割れ・剥離は劣化のサインです。

このサインを見逃さないようにしましょう。