東大阪市 台風時に雨漏りした所をコーキングで修繕

こんにちは!
今日は、東大阪市の現場にきております。

去年9月の台風時に雨漏りをしたお家の
コーキング修繕工事をしています。
工事のきっかけ

雨漏りしたので別の工務店に依頼し調査してもらったそうです。

その時にベランダの防水工事を勧められ、施工を依頼したが雨漏りが止まらない・・。

それからも、同じ工務店で笠木やコーキングの施工をしてもらったが雨漏りがまだ止まらない。

施工をした工務店も原因が分からない。とのことで和田塗建に雨漏り調査のご依頼を頂きました。

 

すぐに、雨漏り診断士の吉本が現場に行き雨漏り調査をさせて頂きました。

その結果雨漏り箇所を特定する事が出来ました! うちの雨漏り診断士は優秀です!!(笑)

雨漏り調査と工事のご提案

この部屋の天井が雨漏りしており

以前依頼した工務店が開けた天井に

サーモグラフィーを使い

 

今の状態をチェックします。天井からポタポタと

染みているので水色の部分が

水を含んでいる箇所になります。

天井の中の様子ですが、ずっと雨漏りしていたので木に水分が溜まっているのが分かります。

 

 

チェックが終わると、次は散水調査を行います。

窓の冊子にホースで水をかけて雨漏りの原因の箇所を突き止めます。

 

 

 

雨漏りの散水調査とは、雨漏りしているで

あろうと思われる部位に水をかけてみて、

実際に雨が降ってる時を再現し

 

雨漏りするかどうかを確かめる調査になります。

シャワーホースを用い、水の量や強さなどを

加減しながら調査する事が重要です。

 

一つずつの部位に散水調査を行い、実際に雨漏り

した天井を確認したところ雨漏りの反応が

見られました。

散水調査を行う前に撮った写真と

見比べたら分かるのですが

天井の木に水が染みています。

 

  

 

サーモグラフィーで確認すると、ほら水色の部分が増えました。

 

このとこから、窓の冊子から雨漏りしている事が確認できました。

それ以外の部位にも雨漏りの原因箇所がありました。

この母屋も散水調査を行います。

 

散水調査後をサーモグラーフィーで確認すると

水色の範囲が広くなり雨漏りの反応が確認できました。

 

 

 

今回の散水調査は、ベランダ下や水切り、

笠木の部分など雨漏りしそうな部位を

全て散水調査を行った結果

 

雨漏りの反応が出たのが窓の冊子と母屋の2か所でした。

 

散水調査が終わったので、その結果を報告書に

まとめ雨漏り調査報告書の内容をご説明のうえ

雨漏り箇所のコーキング修繕工事をご提案させて頂きました。

工事内容

コーキングをする前にゴミやほこりを綺麗に掃除します。

 

母屋も綺麗に掃除します。

養生テープをし、コーキングで修繕します。

雨漏りの原因である窓サッシをコーキングで修繕

コーキングの修繕工事はとても大切な作業であり

1mmでもコーキングが埋まらず隙間が出来れば

雨漏りは止まりません。なので慎重に作業していきます。

全ての雨漏り箇所をコーキングで修繕したら最後に

散水調査を行います。

 

雨漏り修繕完了後にも散水調査を行うことで

本当に雨漏りが治っているのかを確認する事が大事です。

 

これをクリアしたら合格です!

 

 

雨漏りの原因である窓の冊子に水をかけて

雨漏りが止まったかを確認します。

 

サーモグラフィー画像で最終チェックです。

 

 

雨漏りが止まりましたね! コーキング修繕工事を

してから、散水調査を行った結果水色の部分がなくなりました。

良かった!これで安心です。

 

雨漏り箇所の特定は、結構難しく技術や知識、経験が必要になってきます。

 

今回のお客様のように、何回も工務店さんに修繕してもらったけど雨漏りが止まない。

など困っているお客様のお問い合わせが増えてきてます。

 

雨漏りで困ってるって方は是非ご相談ください。