火災保険詐欺!? 実際に遭った悲惨な天井

こんにちは 和田塗建です。

 

 

大和郡山市にお住いのお客様から
「増改築したところから雨漏りしている!見に来てほしい」
とのご相談があり、早速現場調査に向かいました。

お話をお伺いしてみると、工事業者に騙されて

保険金詐欺にあったというのです( ;∀;)

10年前に

屋根の瓦を火災保険を使って保険金が出るよう瓦を捲り台風で飛んだように見せかけて綺麗にやり直そう

という持ち掛けられ、その業者に工事を依頼しました。

ところが・・・。

保険金は1円もおりず(/ω\)
施工もめちゃくちゃ!

雨漏れが10年以上続いており、挙句の果て、天井が落ちてきてしまったのです!!

実際のお部屋の様子です。

凄い事になっています・・。

工事をしたにもかかわらず、施工が悪すぎて、雨漏りを放置してしまった結果、このように建物の内部にまで雨水が侵入して天井部分が腐食してしまいました。

大規模な改修工事が必要となり、修繕費用が高額になってしまいます!

火災保険の知識がない業者には注意が必要です!

火災保険で雨漏りの修繕費用が下りる場合があります。

火災保険が下りてから工事を行うようにしましょう。

すぐに工事を迫る業者には注意が必要です。

屋根は普段なかなか見えるところではありません。雨漏りして初めて気づく場合がほとんどではないでしょうか?

定期的にメンテナンスを行うことで、雨漏りを未然に防ぎ、お家を長持ちさせることが出来ます。
業者選びは、屋根の状態を丁寧に調査してくれて、しっかりとしたご提案をしてくれる業者に依頼しましょう!