生駒市 打ち合わせもしっかり保存 内容を記録書で管理します

皆様 こんにちは(^^♪   

株式会社和田塗建 営業 湯本です。

 

 

お客様との打ち合わせの際、お客様から、塗装についてのご要望や、工事期間中の注意事項など、たくさんお話させていただきます。

 

お客様も工事が初めての方も多く、不安に思われていることがたくさんあるので、担当者にたくさん質問・要望を伝えてくれます。

 

和田塗建では、お客様からのご意見・要望は聞き逃さない様に『記録書』を活用し、打ち合わせ内容を記録させていただいています。

営業が把握しておいていい内容だけではないので、職人にしっかり伝えるためにも大切な記録となります。

先日もお客様との打ち合わせの際、記録書を記入し、最後に内容確認のため、記載内容を読み上げ、お客様に確認して頂いたら、

「塗装屋さんなのに、そこまでしっかりしてくれるの?」

勿論です!!職人や会社全体で共有させていただきます。

 

と伝えると、

 

「わぁ~そうですか!よろしく頼みます」と快くサインしていただき、お控えをお渡ししました。

 

 

外壁塗装工事はお客様からクレームが多く発生する業界と言われています。

クレームは塗装業者・お客様どちらにも要因は考えられますが、お客様とのトラブルで多いのが「言った・いわない」です。

 

何故、クレームが起こってしまうのでしょう??

 

お客様は塗装にざっくりとした「予想」と一緒に「期待」もあると思います。

 

「ベテラン職人」「塗装のプロ」と聞けば余計に期待は高まります。その分お客様が思っていたことと違うことが起きると、裏切られた気持ちになってしまい、納得できないと不満となってお客様の中に残ってしまうので、外壁塗装の知識がないお客様にも納得できるように、わかりやすく伝える必要があります。

 

お客様とのコミュニケーションがとても重要となってきます!

お客様と営業担当者、お客様と職人。 

どちらともコミュニケーションを図り納得いただけた上で工事を進めていくのが重要と言えます。

 

 

和田塗建では、コミュニケーション不足からお客様が不信感を抱かれることのないよう、工事前から工事が完了するまで、たくさんお話させていただき、記録に残させていただいています。

 

 

ありがたいことに、弊社ではクレームがありません。

安心して工事をお任せください!(^^)!