表面が捲れた屋根は3回塗りで艶を復活させます

皆様こんにちは(*^-^*)

奈良県大和郡山市を拠点に外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り調査・リフォーム・新築など家のことなら全て自社で完結できます株式会社和田塗建です。

 

「屋根の色落ちが気になるので見に来てほしい」とお問合せがあり、現場調査させていただきました。

屋根がかなり劣化しており、色落ちと捲れている部分が見受けられました。

屋根だけでなく、外壁も経年劣化により色褪せとコケが発生していましたので、

屋根塗装と一緒に外壁の塗装もご提案させていただきました。

屋根塗装の際は必ず足場を組みます。数年後にまた外壁塗装をするなら、また足場を組まなくてはなりません。屋根塗装と同時に外壁塗装を行えば、足場代が1回分で済むので経時的です。

業者との打ち合わせも別々に行うより回数も減り、わずらわしさが減ります。

さらに、外壁と屋根の塗装を同時に行うことで、手入れを同じ時期にできるというメリットがあります。そのため、メンテナンスを分けて行う手間がなくなります。

屋根と外壁塗装を同時に行うと一体感あるデザインが実現でき家全体のイメージががらりと変わります。

打ち合わせの結果、外壁と屋根両方塗替えさせていただくことになりました。

【施工前】

写真 2017-03-08 14 19 34.jpg

【屋根の状態】

写真 2017-04-22 16 09 35.jpg

劣化が進行し捲れている部分が多々あります。

屋根は普段見ることのない場所ですが、日々太陽光の紫外線や風雨・埃などの影響を常に受けている場所なので、気づいた時にはかなり劣化が進行している場合があります。

屋根材には防水機能がついていますが劣化を放置していると、塗膜が剥がれ、防水機能がなくなり、雨水が建物内部に侵入し雨漏りを引き起こす危険があります。

こまめに点検を行い定期的にメンテナンスを行うことで屋根の寿命を延ばし家全体の寿命も延ばすことが出来ます。

【高圧洗浄】

写真 2017-04-22 10 47 01.jpg

屋根表面の捲れが激しいときは、高圧洗浄の水圧で素地を痛めてしまう危険性があるので、より慎重に入念に洗浄していきます。

屋根の樋の中はゴミなどがあると詰まる原因になりますのでこの機会に綺麗に洗っていきます。
写真 2017-04-22 11 00 37.jpg
壁は、苔や古い塗膜などを綺麗に洗い流していきます。
写真 2017-04-22 14 00 11.jpg
ベランダ 高圧洗浄状況です。
写真 2017-04-22 14 54 15.jpg

長年の汚れがたまっているので丁寧にしっかり洗浄します。
ガレージの床も綺麗に高圧洗浄で洗っていきます。
写真 2017-04-22 15 55 24.jpg
高圧洗浄する事で、黒いカビや汚れが綺麗に落とせます。
写真 2017-04-22 17 05 19.jpg

【下地処理】

窓廻りを全てコーキングしていきます。
写真 2017-04-24 11 26 29.jpg
壁と、窓の間に隙間が出来ないようきっちりとコーキングします。
写真 2017-04-24 11 33 26.jpg
破風板もコーキングしていきます。
写真 2017-04-24 13 41 41.jpg
破風板 コーキング完了です。
写真 2017-04-24 13 52 54.jpg
ブリードオフプライマーを塗布していきます。
写真 2017-04-25 8 34 50.jpg
ブリードオフプライマー塗布完了です。
写真 2017-04-25 8 46 36.jpg

 

次は、シーラーを塗布していきます。 
和田塗建では、白いシーラーではなく透明のシーラーを使用しています。
長年の経験で、透明のシーラーの方が密着が良かった為です。
写真 2017-04-25 10 59 55.jpg
シーラー処理状況
写真 2017-04-25 11 00 31.jpg
こちらが、日本ペイントのシーラー材料です。
写真 2017-04-25 15 03 53.jpg

水性ミラクシーラーエコは

接着剤のような役割を果たし上塗り材の密着を良くする効果があります。シーラーを使用することで塗膜の浮きを防ぎきれいな見た目を長持ちさせることができます。

塗装面の素材に関係なく付着するため幅広い場面で使用でき、新築や改装工事の際にも使用できます。また下地への浸透性に優れているため高いシール効果が期待できます。

また、下地材ではありますが、防かび・防藻効果があります。下地から塗装面を守ることができるため塗装後のきれいな見た目を長持ちさせることができます。

次は、下塗りをしていきます。 

家の塗装をする場合、下塗りは必ず行います。
下塗りを行わないと上塗りの塗料がすぐ剥げてしまう(密着しない)からです。

下塗りには大事な役割があります。

上塗り塗料と外壁材の密着性を高める

塗装面の吸い込み(塗料の染み込み)を止める

下塗りはたっぷりと塗ります。
写真 2017-04-25 13 47 35 (1).jpg

写真 2017-04-25 14 39 42.jpg
外壁 下塗り材料 日本ペイントのパーフェクトフィラーです。
写真 2017-04-25 15 02 55.jpg

 

パーフェクトフィラーは1液水性反応硬化形フィラーです。下地に存在する凹凸や小さなひび割れなどを埋め、平滑な状態をつくる「下地調整材」とも言われています。フィラーは、シーラーよりも粘度が高く厚みもあるため、傷んだ下地を調整し平滑に仕上げることが可能です。さらに上塗りの吸い込みが少ないため、美しく光沢のある仕上がりになります。

外壁 上塗り1回目
写真 2017-04-28 8 42 57.jpg
外壁 上塗り1回目
写真 2017-04-28 10 06 32.jpg
外壁 上塗り1回目 完了
写真 2017-04-28 10 07 23.jpg
外壁 上塗り2回目
写真 2017-04-29 12 36 24.jpg
外壁 上塗り2回目
写真 2017-04-28 12 04 02.jpg
外壁 上塗り2回目
写真 2017-04-28 14 00 31.jpg
上塗り材料は、日本ペイントオーデフレッシュSi100Ⅲです。
写真 2017-04-28 10 12 09.jpg

【屋根】

施工前

写真 2017-04-24 8 55 25.jpg

 

鉄板部分は、錆止めを塗っていきます。
写真 2017-04-24 8 56 05.jpg
錆止め完了です。
写真 2017-04-24 10 38 09.jpg
こちらが、屋根に使用した錆止め材料です。
写真 2017-04-24 8 52 37.jpg

1液ハイポンデグロは特殊エポキシ樹脂を配合することにより、防錆力、密着力がすぐれています。下地にしっかりと密着するうえに、塗膜によって下地を保護してくれるため、下地の寿命が長くなるというメリットがあります。

屋根表面のめくれが激しかった為、3回塗りをさせて頂きました。

和田塗建では、家の状態を考え、その家にあった塗装を行います。

通常塗装は下塗り・中塗り・上塗りで完了ですが、傷みの状態を把握し、最善で最良の塗装を行います。

今回のように、屋根表面の捲れ・傷みの激しい場合は上塗りを何度も何度も塗り重ねてしっかりと塗装させていただきます。

 

屋根塗装前
写真 2017-04-22 16 09 35.jpg

屋根塗装完了です。
写真 2017-05-11 16 17 51.jpg

写真 2017-05-14 10 34 55.jpg

外壁は、日本ペイントのオーデフレッシュSi100Ⅲでの塗装です。
外壁塗装前
写真 2017-03-08 14 19 08.jpg

 外壁の色はND250番です。

お客様の声

☆工事を依頼しようと思った決め手はなんですか?
和田塗建の社長と吉本さんの対応が信頼できると感じたからです。

☆実際に塗装工事を依頼して良かった点
塗装工事完了後のチェックもでき、外壁に付着した小さな塗料も除去して
頂き、プロとして良い工事をしてもらった。仮設足場も、10数年前依頼した
工事店より設置状態が丁寧だった。

☆職人さんの対応はどうでしたか?
 親切・丁寧で人柄も良く好感をもてた。

☆塗り替えをする前と後ではどんな風に変わりましたか?
前回の工事では、手抜き作業もあり塗り残し(忘れ)も一部あったが
今回は、我が家が一新された。とてもきれいになったと友人・知人に言われれば
嬉しいものだ。

従業員一同
この度は、数多くある中 和田塗建に外壁塗装工事をご依頼頂きありがとうございました。
工事中は、いつもコーヒー等お出し頂きお気遣いに感謝しております。
工事の交換日記も積極的にご活用していただきましたのでお客様とのコミュニケーションがスムーズに出来たと思います。これからも、このご縁を大切に末永いお付き合いの程宜しくお願い致します。