鉄骨の塗膜浮いている所の処理の仕方

こんにちは、和田塗建の職長の山本です

 

今回は、鉄骨の塗り替えで一番大事な工程けれん作業についてお伝えしていきます

 

鉄骨のケレン作業はペーパー、カワスキ、ディスクサンダー等で浮いた塗膜をめくっていきます

 

捲り終わった後に清掃をして錆び止めを塗っていきます

 

錆び止めを塗っていて起こる現象があります

この写真の状況は鉄骨の表面のケレン後に錆び止め塗料を塗ったところです

 

見ての通り錆び止めの塗膜がちじんでしまい、浮いています

 

この現象は鉄骨の既存塗膜の浮きが原因でケレン作業時に発見出来ていない浮いている部分が

 

錆び止めを塗る事で浮いてしまった状態です

 

この状態はもう一度ケレンしなければならない

 

塗装作業で大事なことは下地処理だと言えます

 

下地処理が悪いとどんなに良い上塗りを使っても捲れたり、ちじみの原因になってしまいます