天理市 雨漏り⁉原因を特定し修理してくれる業者に依頼した

皆様こんにちは(*^-^*)

奈良県大和郡山市を拠点に外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り調査・リフォーム・新築など家の事ならすべて自社で施工できる株式会社和田塗建です。

 

「壁にシミが出来てる・・・」

 

こんな症状はありませんか?

雨ジミが発生したときは、住宅に何らかの劣化症状が起きてダメージを受けて雨漏りしている状態です。放置するとさらに劣化が進んでしまうため、早めに雨漏り対策をとりましょう。

 

雨漏りは建築物の内部に雨水が侵入して、室内に水滴が落ちたり壁や天井などに雨染みができたりすることをいいます。

 

雨漏りが起きる原因は、
経年劣化
台風、地震などの自然災害
何らかの衝撃による損傷
施工不良
などが考えられます。

 

雨水はいたるところから侵入する可能性があり、侵入場所と雨漏りが起きている場所が同じとは限りません。そのため、雨漏りの原因を特定するのは難しいことがあります。

 

 

雨漏りが起きたときは修理工事が必要です。そのまま放置しておくと家の中が高湿度になりやすくなるだけでなく、シミやカビの原因になることもあります。また、木材の腐食や鉄骨のサビが起きて建物の寿命が短くなってしまう場合があります。

 

 

雨漏りが起こりやすい場所は

 

【屋根】

屋根材(屋根瓦)棟板金などの雨仕舞板金防水シートの劣化から起こる場合があります。

 

【外壁】

外壁やシーリングにひび割れ、欠けなどがあると雨漏りの原因になります。
外壁からの雨漏りは防水シートや断熱材などに雨水が染み込むことがあり、室内から被害が見えにくい場合があります。雨染みが確認できたときには被害が大きくなっている可能性があるので、早急に対策をとりましょう。そのまま放置していると、躯体部の木材が腐食し修理代が高額になってしまう恐れもあります。

 

【ベランダ】

防水層の割れや外壁との取り合い部分、排水口・樋などから雨漏りする可能性があります。
特に排水口や樋は雨水が集中的に流れ込む場所になるので、詰まりがあると雨水がベランダに溜まって雨漏りを起こすことが多いです。

 

【窓サッシ】

窓サッシと外壁の間はシーリング材(コーキング材)で隙間を埋めていますが、このシーリング部分にひび割れや剥がれなどの劣化が起こると雨水が侵入してしまうことがあります。
また、窓ガラスとサッシの隙間や窓周辺の外壁のひび割れが原因の場合もあるので、しっかりと調査して適切な補修をしましょう。

 

天井から雨漏りが発生したら、屋根に登ってブルーシートで屋根を覆う方法もありますが、屋根に登って作業するのは危険なので屋根ておいた方が良いでしょう。自分で調べるよりも専門的な調査を行ってくれる業者に依頼しましょう。業者を選ぶときは、調査方法や特定された原因、必要なリフォーム工事についてしっかりと説明してくれる専門知識のある業者が安心です。

専門知識のない業者に依頼すると、原因を特定しないまま工事費を請求され、すぐに雨漏りした・・・と弊社に連絡いただいたお客様もいらっしゃいました。

 

 

雨漏りを見つけたら、雨漏診断士の資格を取得している業者や、修理・応急処置をきちんとしてくれる業者を選びましょう。