知らないと損!!雨漏りで使える火災保険

皆様こんにちは(^^♪

奈良県大和郡山市を拠点に奈良・大阪・京都・三重など近畿一園で外壁塗装・屋根塗装工事・雨漏り調査・リフォーム・注文住宅・新築・不動産売買など家の事なら全て自社で施工できます株式会社和田塗建です。

 

皆様はご存じでしょうか?
自然災害でできた雨漏りは火災保険を使って修理することが可能です。
ただし、雨漏りに保険請求をする場合は、ある条件を満たしてなければ請求できません。

その条件とは何か?ご説明いたします。

ご自宅や事務所の雨漏り修理を保険で。。。と考えている方は
参考にしてみてください。

 

火災保険で雨漏り補修できる?

実は、火災保険は火災だけではなく、風災・水害被害にも幅広く補償されているんです。

結論からいうと、火災保険を雨漏り修理費にあてることは可能です。

ただ、全ての修理において請求できる訳ではありません。

『自然災害による損害であると認められた場合』に、保険適用の対象となります。

では、どんな時に火災保険の対象となるのでしょうか?

 

【雨漏り修理で火災保険が適用されるケース】

  • 台風や突風などの強い風によって、瓦がズレる・雨どいが外れた

 

  • 雹(ひょう)が降って、波板に穴があいた

 

  • 強い風雨で瓦屋根の漆喰(しっくい)が崩れた

ソース画像を表示

  • 雪の重みで雨どいが壊れた

 

 

自然災害による被害については、保険金が支払われる可能性があります。

ここで注意して欲しいのは、同じような事例でも、状況や調査によって保険の適用が認められない場合もあります。

一口に火災保険と言っても補償内容は異なります。

契約中・契約予定の火災保険の

補償内容に風災・雹災(ひょうさい)・雪災が含まれているか

この3つの補償が含まれているか確認しましょう。

 

火災保険の対象にならない雨漏り

よく聞く話ですが、

「雨漏りだったら100%保険金が下ります!」と自信満々に言われて信じて契約したAさん。

ところが、後日保険会社に申請したところ経年劣化と判断されて保険金は下りず、しぶしぶ自己負担で雨漏りを修理することになったというトラブルです。

 

では、なぜ保険金が下りなかったのか???

以下のような場合は保険の適用外となります。

 

【火災保険適用外の雨漏り修理一例】

  • 建物の経年劣化による雨漏り・太陽光パネル設置時の施工不良による雨漏り
  • リフォームや増改築時の施工不良による雨漏り
  • 風災・雪災・雹災による雨漏りと判断が出来ない場合

 

(上記以外の事例でも、状況や調査によって保険の適用が認められない場合もあります。)

 

「保険で直せます」は要注意です!

 

雨漏り修理はかなり高額な工事になることも多いので、「保険が使えるなら」と安易に契約すると、トラブルの元となってしまいます。信頼できる業者に相談し、まずは申請することをお勧めします。

 

申請には期限があります!

保険の請求には期限があります。

被害を受けてから3年以内と保険法で定められています。

以下は保険法より抜粋したものです。

保険法(平成20年6月6日法律第56号)

第95条(消滅時効)

保険給付を請求する権利、保険料の返還を請求する権利及び第63条又は第92条に規定する保険料積立金の払戻しを請求する権利は、これらを行使することができる時から3年間行使しないときは、時効によって消滅する。

 

 

 

 

そのため台風や大雨の後は必ず点検を行い、雨漏りの発生を見逃すことが無いようにしましょう。